トータス情報センター

行政処分などについて

2017.03.30

クエストキャピタルマネージメント:東京都世田谷区<投資詐欺>社長ら逮捕 113億円集め、警視庁

平成28年8月25日17時24分配信

産経ニュース

 

資産運用と偽り投資家から現金を集めたとして、警視庁生活経済課は詐欺と金融商品取引法違反の疑いで、投資コンサルタント会社「クエストキャピタルマネージメント」(東京都世田谷区)取締役、松井直幸容疑者(47)=同区尾山台=を、同法違反容疑で同社が運営する投資ファンド「AR2有限責任事業組合」の組合員ら4人を逮捕した。松井容疑者は認否を留保し、ほか4人は容疑を認めているという。

生活経済課によると、AR2は毎月3%の配当や、「利益を出し続ける」とする取引システムで投資家らを勧誘。平成21年9月~昨年2月にかけ、15都府県の約60人から約113億円を集めたとみられる。

クエスト社はAR2が集めた出資金を運用せず、取引システムも存在していなかったため、配当は昨年2月に完全に止まった。生活経済課は、集めた金は出資者への配当や、松井容疑者の遊興費などに充てていたとみて裏付けを進める。

逮捕容疑は24年5月~26年7月、金融商品取引業の登録をせず、日経225先物への投資をうたい東京都文京区の男性医師(57)ら6人を勧誘、うち3人から計約3億7千万円をだまし取ったとしている。

 

ページの先頭へ戻る